« 二十年ぶりの再会・・・朝帰り その7 | トップページ | 二十年ぶりの再会・・・朝帰り その9 »

二十年ぶりの再会・・・朝帰り その8

 彼と英会話していたうちは良かったのだが、私が三曲目にStingの曲を依頼した。その時、「あの原爆の父のオッペンハイマーをけなした曲を流して下さい」と言うと、相当記憶力のいい方だったが、曲目名が出てこなかった。Stingだったら『Evry bless you take』かなと思ったが、あれは、ストーカー向けの曲やなと思い、『King of pain』を注文。彼は眠気でつぶれ始めていた。お互いにビール漬け。彼の頭がフラフラしだしたが、時計を見ると午前3:30。地震と台風が同時にきている中、『もういいや。始発で帰ってやろう』という気になりだしていた。彼は眠気でつぶれていたが、私は最後に、Jhon Lennonの『God』という曲をお願いした。友人はつぶれている。しばらくするとバーテンさんが「すいません、『God』ないんですよ」と言うので、散々彼に、英語で妻をめとりたまえ、と言われたので、皮肉がてらに、「じゃあ、『Woman』でいいです」と返事したところバーテンさんも、「解りました」という笑顔。時計が4時になって、彼が、「もう、ここ出よう」と言ったら、バーテンさんが、彼の名前を覚えてくれていた。私は、右手の小指を挙げて、「こいつ、こればっかりでしょう」と聞いたら、バーテンさんも必死だった。僕が笑って、彼も笑って、領収書をきってもらっていた。私が不思議に思い、「それって、経費で落ちるのか?」と聞いたら、「一時的にわな。でも、給料からてんびかれる」と言うので、私は大慌てで彼に二万持たせた。彼は、「今日は俺の誘いだからいい」と言ったが、私が、「これを受け取ってくれないと、もう二度と、君とは飲みにこない」と言ったら受け取ってくれた。

|

« 二十年ぶりの再会・・・朝帰り その7 | トップページ | 二十年ぶりの再会・・・朝帰り その9 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/58528713

この記事へのトラックバック一覧です: 二十年ぶりの再会・・・朝帰り その8:

« 二十年ぶりの再会・・・朝帰り その7 | トップページ | 二十年ぶりの再会・・・朝帰り その9 »