« 友情と薄情と | トップページ | 潰れゆく会社 »

地震予知

 地球物理学者でもなく、地震博士でもない私が、昨日か一昨日の地震を予知していた。その事は身内にしか知らせていなかったが、震度4がやってきた。被害が少なくて良かったのかも知れないが、油断は禁物である・・・で、何故、私が解ったかと言えば、座椅子で何度も何度も、微震を感じていたからである。震度1位の微震であろうか。予知しておきながら、私は逃げなかった。天気予報を外しまくる気象庁だって、気付いていたに違いない。何か憤りさえ感じる。もし、今回の地震が東日本大震災の余波ならば、 夏に膨張しきったプレートが、急激に冷やされプレートどうしが滑ったのではないか、という説も成り立つ。現段階では何とも言えないが、その可能性も否めないのである。この場合、温暖化により、海水温が上がった(僅か.0.5℃)で、これらの天災が来たことになる。以前、このblogで、『プレート温暖化説』を私は訴えたが、東日本大震災の起こる前のことだった。阪神大震災の様な断層型地震についても考察しなければならないが、それにしても、憎きは気象庁と地震学会である。東日本大震災の遙か後に『敗北宣言』を認めた地震学会が、何で他の原発の地質調査に赴く?矛盾も甚だしいではないか・・・気象庁も同じだ、今までの統計をガリ勉君のスーパーコンピューターに入力してしまって任せているから、気象予報が外れまくるんだよ!!日本周辺の機構は悲しいかな、変わっている。某国の無茶苦茶振りも視界に入れて考えろ。へたな気象予報士よりも、気象図だけ見せたら、俺の方が当たるんだよ。おまえら、それで飯食ってんじゃあねえのかよ!!いい加減にしろ、と言いたし。

|

« 友情と薄情と | トップページ | 潰れゆく会社 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/58598121

この記事へのトラックバック一覧です: 地震予知:

« 友情と薄情と | トップページ | 潰れゆく会社 »