« 定義か定理か・・・ | トップページ | 父の可愛げ »

JFKの娘

 私が生まれる前に、JFKは暗殺された。ダラスで。アメリカの歴史とは暗殺の歴史でもある。JFKが暗殺された時の娘の何とも言えない写真を見て、苦しんだ。大体、JFKの暗殺の主犯格はオズワルドということになったが、そいつも消された。私の読みでは、フーバーがやったに違いないと観ている。あの頃のアメリカは良かったね、という象徴がJFKであろう。私が、ワシントンDCで観たJFKと奥さんのジャクリーヌの墓には火がともっていた。一方、今回、駐日大使になった、キャロライン・ケネディさんは、これ以上ないおもてなしを受けた。団塊の世代の憧れなのである。私でも目を疑った。ケネディ家では、毎日、政治や国際についてのディベートを開いていたらしい。だから、伝説に残る大統領になったのだ。その娘のキャロライン・ケネディさんが駐日大使になった事は嬉しすぎる。就任直後に東北地方を巡ってくれたこともありがたいが、日本がアメリカが決めた憲法で、どうしようもなくなっている領土問題に対し、尖閣に爆撃機を飛ばしたというのも、日本人の鬱憤を晴らしてくれた。この人の政治思想は、大分、右だと思ったが、否定はしない。日本と韓国では、重さが違うのだ。敗戦国として何にも言えない事をいいことに、韓国と中国とがやりたい放題やってきた。ODAを受け取りながらそれはないだろう、という目にも遭ってきた。それらの不合理を、全て解決してくれる様に望む。

|

« 定義か定理か・・・ | トップページ | 父の可愛げ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/58662322

この記事へのトラックバック一覧です: JFKの娘:

« 定義か定理か・・・ | トップページ | 父の可愛げ »