« 一緒に寿司食った友人とのチャット | トップページ | 瀬戸のばあちゃんとの今生の別れ »

拝啓 18歳の君へ

 瀬戸のじいちゃんが他界してから四年が経った。母の弟に当たる叔父さんの一人息子も高三になった。野球部も引退し、ファッションにも困っているだろうが、勉強の山場でもある。かつてのじいちゃんからは、「医者になれよ」と言われたらしいが、機械系に行きたいそうである。公立だと一浪は覚悟しなければならないのだが、是非とも後輩になって欲しい。私の卒業した大学の機械工学科では、『材料力学』、『流体力学』、『システムダイナミクス(簡単に言ったらニュートン力学の複雑版)』が三本柱で、そこから研究室のカラーによって別れていく感じだった。決してメカメカしたものは扱えず、理論のみだった。私は大学でやりたいことを見付けようと思っていたが、友達は見付けても、解らなくなっていた。結局、巨大な親父の肩を追いかけて、材料の研究室に入ることになる。腐食疲労実験だったので、材料が破断するまで、好きな本を読んで過ごした。学校に行きたくない時は、低応力で実験し、半月ぐらい社会勉強していた。拝啓 18の空に輝く従兄弟へ。悩み多かりし歳なれど、人生の総合設計をしてから、大学に通うのも悪くはありません。首都圏のレベルと広島のレベルはかけ離れています。でも、じいちゃんが言った通りにしたいのなら、何処の大学でも受かるだけの実力を身につけてご覧なさい。それが1年後でもいい。自分の本当にやりたいことに目覚めてね。僕の真似はしなくてもいいから。~ファイト!戦う君の歌を 戦わない奴等が笑う ファイト!!  敬具

|

« 一緒に寿司食った友人とのチャット | トップページ | 瀬戸のばあちゃんとの今生の別れ »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/58614440

この記事へのトラックバック一覧です: 拝啓 18歳の君へ:

« 一緒に寿司食った友人とのチャット | トップページ | 瀬戸のばあちゃんとの今生の別れ »