« 二十年ぶりの再会・・・朝帰り その9 | トップページ | 本日閉店 »

二十年振りの再会・・・朝帰り その10

 私は、少しも酔っ払っていなかった。ビールごときに負けるものか。友人が帰った後、散々フォローした後、「いやぁ~彼一杯も飲んでいないんですよね。入店してから20っ分で潰れましたし、3500円の所、もう少しまけてもらえまへんか、友達割引ということで」とお願いしたら、オーナーと話し合って、2000円にしてくれた。もう、6500円飛んでるやん、と思っていたら、カウンターのおっちゃんが、「君、友達思いやし、交渉も上手いなあ」と言ってくれた。そのおっちゃんに、「常連さんですか?」と聞いたら、「横浜に来る時は、ここに寄る」と応えてくれた。しかしながら、そのおっちゃんは、当日の午前十時から仕事があると言う。「それで朝の七時まで飲むんですか?」と驚いたら、「かまへんかまへん」と言って上機嫌。私が、「みなとみらいなんて、昔は国鉄の貨物線の車庫だったんですよ。本当に横浜を知りたかったら、黄金町の赤線通りから伊勢佐木町に抜けてみて下さい。女は買わなくてもいいです。悲しいけれど、あれが本当の横浜の歴史なんです」と語ったら、おっちゃんは、バーテンの女の子に、歳を聞いていた。みんな19です、と応えていたが、『明らかにこいつはサバ読んでんのやろう』という奴には、ツッコミを入れた。「19でバーしてんのさかい、もう飲んだビール位はあるんやろ?」と聞いたら、「まあちょっとは・・・」という感じだったので、「俺もなあ、中三の時に、先輩からビール飲まされたからなあ」と言って爆笑。その後、おっちゃんとも息が合って三十分延長して飲んでいた。帰路、横浜相鉄口の歴史を語って雨の中家路に就く。私は無事帰れたが、友人は爆睡してしまい、気がついたら交番だったとのこと。お互いまだ若い。必ず這い上がれる。

|

« 二十年ぶりの再会・・・朝帰り その9 | トップページ | 本日閉店 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/58540408

この記事へのトラックバック一覧です: 二十年振りの再会・・・朝帰り その10:

« 二十年ぶりの再会・・・朝帰り その9 | トップページ | 本日閉店 »