« もちは餅屋に頼むのが鉄則 | トップページ | フェイスブックに、『悪いね!』ボタン »

おんぼろルービックキューブにて

 私が小学校の低学年の頃、『ゲームウオッチ』なるものと、『ルービックキューブ』なる玩具が流行った。『ゲームウオッチ』とは、任天堂の商品で、ゲームボーイを百倍位チャチにした時計付きのゲームだった。あんまりにも流行っていたので、母が、「うちの子らにも買ってあげようか?」と父に相談したところ、父は断固として反対した。その当時は、何故、父が反対したのか解らなかったが、今では解る。要するに、教育上、建設的では無いのだ。一方で、『ルービックキューブ』とは、一辺10cm位の立方体の六面に異なる色が配置されていて、一面3×3のピースで成り立っており、いかにバラバラな六面の色を素早く回転させて、色を元通りにするか、という玩具であった。これも、一家に一つはあるぐらいに爆発的にヒットした。父は、これなら買ってもいい、ということで、習い事から帰ると、母が手渡してくれた。弟と二人で取り合いになったが、それも最初の頃だけの話である。一度、色をバラバラにしたルービックキューブは、六面のうちの一面は容易に揃えられるが、二面はなかなか揃わないのである。バラバラなキューブを即座に揃えられる人は、TVに出ていた。弟も私も親父も母も、家族全員がギブアップした。そんな時、私の友達が、ルービックキューブの法則性が書いてある紙を私だけに見せてくれた。彼はそれをマスターしていたので、私の前で六面揃えてくれた。しかし、その頃には、ルービックキューブのブームなどとうに過ぎていた。

|

« もちは餅屋に頼むのが鉄則 | トップページ | フェイスブックに、『悪いね!』ボタン »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/58365763

この記事へのトラックバック一覧です: おんぼろルービックキューブにて:

« もちは餅屋に頼むのが鉄則 | トップページ | フェイスブックに、『悪いね!』ボタン »