« 枕下でひらめく | トップページ | 『養病』ということ »

重鎮(ドン)のツボ

 昔、プロ野球のニュースを観ていたら、重鎮(ドン)のツボというコーナーがあり、往年の名選手が三人ほど出ていて、現役選手にアドバイスを送る、というものがあった。重鎮(ドン)は三名ほどいたが、西鉄の豊田、近鉄の監督だった西本、もう一人がいたが、そうそうたる面々であった。毎日観ていたわけでは無いので、二回しか観たことは無いが、広島の四番であった江藤がFAで巨人に移籍した後、打てない時期が続いたとき、重鎮(ドン)の一人である豊田が、江藤(右バッター)のスイングを観て、軸足である右足のブレを指摘。「こうも軸足がブレていたのでは、いくらフルスイングしても、打てる球も撃てませんよ。江藤君、解ったかい?」とのコメントが放映された。私は、『江藤これ観ているのかなあ』と思ったが、数日後、江藤のバッティングを観てみると、見事にも、その悪いところが修正されていたので、コーチか江藤がこれを観ていたことは、容易に想像できた。さすが、重鎮(ドン)を張っている豊田に、感心せざるを得なかった。ところが、他に重鎮(ドン)を張っている西本が出てきた時、生中継では無く、録画で、言っていることの意味が解らなかった。認知症にでもかかったのかと思い、その行く末を案じている自分がいることに気がついた。豊田の場合、私の大学時代に、焼酎の呑(どん)のCMに出ていたので、まさしく、ドンである。~む~かしの友は今も友~というテーマソングだったのだが、私にノート貸してくれ、と言った友人が、いきなりこの歌を授業中に歌い出したので、爆笑した思い出がある。

|

« 枕下でひらめく | トップページ | 『養病』ということ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/58431046

この記事へのトラックバック一覧です: 重鎮(ドン)のツボ:

« 枕下でひらめく | トップページ | 『養病』ということ »