« 爺ちゃんの命日だったなあ | トップページ | 消費税8%について »

『シュール』って何だ?

 『シュール』という言葉が日本語にはある。でも、一体、『シュール』って何なんだ?という話になると、苦労する。美術の世界では、『シュールレアリズム』などという言葉があるが、それは、『超現実主義』などと訳されても、だったら、『シュール』とは『超』って意味なの?と考えてみても納得が行かない。視点を移してみると、「フランスシネマみたいにシュールな恋をしようよ(REBECCA『Love Is Cash』より)」などという表現にも用いられる。『シュール』という言葉を調べようとしたが、多分フランス語であるこの言葉に対応する辞書が家には無い。自分だったらどう訳すだろうと、ニュアンスだけで考えてみたが、『斬新な』という訳が出てきたが、どうにも、当てはまる場合とそうでない場合がある様な気がする。何か、上記の訳は近いけれど、温かいオムレツに、ナイフで面打ちしている気がしてならないのだ。一方で、英語の『sure』から考えてみても道にそれる(ある意味、丁寧語だが、あまりに粗雑すぎる)。ここで、逆説的に考えてみる。女性に、「シュールな恋をしようよ」と言って、一時期は上手くいっても、長続きしない気がする。もし、『斬新』というニュアンスであったとしても、それは何かへの反抗を物語っている気がしてならない。しかしながら、『シュール』という言葉は、どこか若さに満ちあふれていても、大人びた風格がある・・・英語を訳すのでも、解らない一言で、あらゆる知識を動員する。確実に外国語とのギャップは拭えない。意訳をしてもいいが、しすぎるとオリジナルの味が消える・・・さながら、外国人にとっての『おもてなし』のニュアンスの様なものだ。もし、私が外国人をもてなすとしてら、英語の解る方には、つたない英語で、そうでなければ、体当たりで、『おもてなし』たる日本文化を伝える。

|

« 爺ちゃんの命日だったなあ | トップページ | 消費税8%について »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

story.php?title=

投稿: schiedsrichter trikot europa league | 2013年10月 9日 (水) 04時42分

No,it's not of story title.It's a title of my essay about the meaninng of 『surl』 in Japanease. I think about it long times.Not think about it deep,easily it's used unnormal (manytimes, it's 『Tinpunkanpun』 in japan).『Tinpunkanpun』 means nobody knows what it means. So, I've wrote about 『surl』 in my essey.It is difficult for me to open the meaninng of 『surl』 in Japanese.This is first time of my essey,but I don't feel it's not perfect.Maybe sometime,I'll write about 『surl』 again.It's difficult for me to appire in short time.thank you.

投稿: Takehiro | 2013年10月10日 (木) 01時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/58321814

この記事へのトラックバック一覧です: 『シュール』って何だ?:

« 爺ちゃんの命日だったなあ | トップページ | 消費税8%について »