« みかん二度切り | トップページ | 徹夜です »

寿司が食いたくなるとき

 本日、二十年ぶりの中・高時代の友人と寿司屋で待ち合わせをしている。積もる話とストレス発散のために行くつもりだが、問題は台風の動きである。帰りの電車が止まらないかが一番心配でもある。今日の昼に、行くか、先延ばしにするかが決まるのだが、私としては、是非とも行きたい。何せ、二十年ぶりである。私の人生の半分の歳月でもあるからだ。現時点では、私の住んでいる地域は雨が降ってはいない。しかし、待ち合わせは夜なのだ。二次会に飲みに行ったら、帰宅困難になる怖れがあるが、状況によっては、勢いで行ってしまうかも知れない・・・ところで、皆さんは、寿司ネタのうちで何が一番好きだろうか?私が苦手な物は、アナゴと玉子である。私は刺身か、カッパから入る。ちょこちょこビールか日本酒でもひっかけながら。巻物が終わったら、本格的に板さんに頼み出す。そりゃあ、大トロが舌でとろける快感ったらない。でも、いくらも捨てがたい。うにもいいかな・・・そんなことを考えていると、本当に楽しみになってきた。旨いものを食べながら、二十年ぶりの友人と話す。考えただけで幸せだ・・・それにしても、寿司用語には日本文化を感じる。『アガリ』はお茶のこと、『ムラサキ』といったら、醤油のこと、『本ワサ』といったら、市販のわさびと異なり、醤油の中でのとけ方が違う、本物のわさび、『ガリ』は口直しの、あのショウガのこと・・・奥が深い。今の私が考えていることは、『ムラサキ』をシャリに付けようか、ネタに付けようかなどということである。時々の気分によって代えるのだ・・・それよりも、頼むから、台風よ、来るな。そして、俺を無事に帰してくれって、昼飯は抜いて行くつもりだ。

|

« みかん二度切り | トップページ | 徹夜です »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/58449277

この記事へのトラックバック一覧です: 寿司が食いたくなるとき:

« みかん二度切り | トップページ | 徹夜です »