« 『続・残暑の会』2013…飛行機編 | トップページ | 英語の返事は苦労する »

帰っては来ないもの

 うちの弟に物を貸して帰って来た試しが無い。その弟が、私に「50万貸してくれ」とやって来た。私は貸す気は無かったが、弟が、本当かウソかは知らないが、「会社の金、使い込んじまってよう・・・」などと言うので、渋々貸した。普通だったらトイチで貸すところなのだが、弟の事情もくみ取り、毎月5万づつで、十ヶ月で返す様にしてやった。そして、口座のキャッシュカードと暗証番号を聞いて、毎月入金されてあったという、母の情報を信頼していた。そして、昨日、弟がうどんを食いに来た。もう、貸してから半年あまり、半分は返してくれたんだろうと、借金の話なので、あまり触れずに接した。それから弟は寝たのだが、何でも、所要に必要だから、キャッシュカードを返してくれ、と母に言っていたらしい。私は彼が帰ってから、その話を聞いた。当然、「何で俺には話してくれんかったんや」という話になった。彼は既にいない。お袋の家系簿をみたら、未だ42万貸していることになっている。「これは、どういうこっちゃ!!」と母を信頼してきたのに、裏切られた気持ちになった私は、お袋を責めた。そうしたら、マンションのローンがどうのこうので、とりっぱぐれたと言う。そして、私の立場まで聞かれて、無茶苦茶いいおった。私は、自分の貯金のうちの3/4に当たる額をお袋の口座に移した。寄付である。どんな気持ちでそうしたのかも解らずに、お袋は訳の解らない事を言う。当然、私は荒れた。彼とは縁切りだ、と思ったと同時に、50万ぐらい、すぐに作れる男になろうと誓った。

|

« 『続・残暑の会』2013…飛行機編 | トップページ | 英語の返事は苦労する »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/58348164

この記事へのトラックバック一覧です: 帰っては来ないもの:

« 『続・残暑の会』2013…飛行機編 | トップページ | 英語の返事は苦労する »