« 天文学と東洋思想 | トップページ | 何事もよかれとあるべし »

ガラス屋の儲け時

 台風が来る度に、被災した地域は気の毒だと思い、明日は我が身と覚悟。そんな中、台風で忙しくなるのが、ご近所のガラス屋さん。こないだの台風26号の後は、大変だったらしい。私の家は雨戸があるので、ガラスの心配はないのだが、打ち付ける風雨が強烈だった。私の部屋は、家の二階の北西に位置するのだが、寝ていても、北風が強く、何度も起こされる中、西の雨戸は音を立てない。北風がひでえなあと思いながら、また寝るの繰り返しだった。親身にさせて頂いている近所のガラス屋さんのおっちゃんには、親父が死んだ後、自身の胃がんなどの経験なども踏まえて、何度も励まされた。おっちゃんの言葉で忘れられないのが、「残される方が辛いんだよな」・・・男の言葉である。叔母さんもいい方だ。今回の台風でのガラスの方は、おっちゃんの息子さんに当たる、お兄さんが担当したらしい・・・そこで、私が思いついた悪知恵というのは、普段から小石をためておき、台風のどさくさに紛れて、その辺の家のガラス目掛けて、割りまくる、という作戦だったが、こんな事をしていたら、風で吹っ飛んできた看板に頭を打たれ、バチが当たる。下らないことを書いてしまったが、伊豆大島の方達が、今回は犠牲となった。写真や映像を見る度に、気の毒に思う。心から、お悔やみ申し上げたい・・・また、新たな強力台風が発生したというが、気象予報士は四国方面に行くと予想しているが、私は再び東海・関東に来ると予想している。あたかも、全盛期のカネやんのカーブの様に・・・ユウウツである。

|

« 天文学と東洋思想 | トップページ | 何事もよかれとあるべし »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/58412159

この記事へのトラックバック一覧です: ガラス屋の儲け時:

« 天文学と東洋思想 | トップページ | 何事もよかれとあるべし »