« 誕生日ラッシュ | トップページ | 頭だけで考える人達 »

物理学者の謎

 長い放蕩の後に居間に降りてきたら、お袋がゆっくりしていた。「おっす!!遅くなってすいません」と挨拶したら、焼きナスを出してくれた。ありがたく頂き、ミニ・ダックスの弥吉君にも分けてあげた。再放送の連ドラの『てっぱん』でも観るか、という話になり、観ているうちに涙した。そして、九時台に風呂に入って、十時台にメールチェックして、十一時台にblogを書いて、という私の望みは、あろうことか、物理学に興味など持ってはいないはずの母が、NHKの『NHKスペシャル』を録画予約していることで打ち消された。物理学の中でも素粒子論を扱ったテーマであったが、昔の素粒子論は、『対称性』がキーワードだったのが面白かった。それによって、数多くの、美しい公式が導き出されたのである。母に、「この数式解るかい?」と聞いてみても、「解るわけ無い」と言われたのだが、聞いた本人の私でさえ、数学記号は解っても、その美しさまでは解らなかった。番組の最後の方で、原子核が電子やニュートリノなどを結びつけている要因に、『対称性の破れ』が原因であるとの、従来の考え方と正反対な、『非対称』の理論が証明されたとの話が合った。『対称性』、英語で言えば『シンメトリック』。このことが大学仲間の中で議論されてから、十年以上経つ。個人的な考えだが、森羅万象は非対称から対称の方に力が働いている気がしてならない。男と女一つ採ってもそうである。不思議なのは、対称になった瞬間に、Nextがあるということ。物理学だって、いつまで経っても、蜃気楼を追いかける様なもの。こだわらずに、気楽にやればよい。

|

« 誕生日ラッシュ | トップページ | 頭だけで考える人達 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/58240162

この記事へのトラックバック一覧です: 物理学者の謎:

« 誕生日ラッシュ | トップページ | 頭だけで考える人達 »