« こんなものがあっていいのか? | トップページ | 座骨神経痛か・・・? »

ザリガニをいただいて

 私が幼い頃、私の周りには自然が溢れていた。ちょっときつい坂の上なので、街には繰り出さない。いくら雨が降っても心配ない(こないだの台風で被災された方々、お気の毒様です)、地盤が固いなどのメリットがあった。が、今、日本の何処で何が起きようが不思議では無い。中高時代の友人は、土の香りを知らない奴が多かった。って、皆さん、ザリガニの取り方ってご存じですか?ザリガニには巣穴と水分とえさとなるものが必要なのです。勘のいい方はご存じでしょうが、水田に巣穴を作っていることが多いのです。今では同時の水田も、地主の意向によって、マンションなどになってしまいましたが、私の小さいときには、田んぼがいくつかありました。そこで、刈り取りが終わった水田で、地元のみんなで、ザリガニ取りに行く・・・穴の中に手を入れて、採れたら捕まえる。みんなが必死にやったら、みんな泥だらけになって、坂を登って帰って行きました。母は、『子供は遊ぶのが仕事』と考えていたらしく、叱られたことなどありません。感謝です・・・ところで、こないだの、『残暑の会』で、ザリガニの料理が出されたときには複雑でした。でも、頂くとソースと合って、決して、泥臭いことは無かったのです。それどころか美味でした。なんでも、ザリガニは、フランス料理ではロブスター扱いなそうです。実際は、高級食材なそうです。水くささも一切ありませんでした・・・でも、どうしても、昔、田んぼで取っていたザリガニの思い出から抜け切れない自分がいたのも事実です。生き物(ペット)として考えていたものを、食材と考えるのには、解ってはいても、もう少し修行が必要なようです。美味しかったので、余計に複雑です。

|

« こんなものがあっていいのか? | トップページ | 座骨神経痛か・・・? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/58266302

この記事へのトラックバック一覧です: ザリガニをいただいて:

« こんなものがあっていいのか? | トップページ | 座骨神経痛か・・・? »