« 物理学者の謎 | トップページ | 謎だった電話 »

頭だけで考える人達

 はっきり言って、物事を頭だけで考える人達、というのが僕は苦手だ。十九の時に、人間とは合理的な生き物だと信じていた私は、恋をして、人間とはなんだ?と苦しんだ。いろんな女に振られ、いろんな女を泣かせた。人間なんて下半身で生きている様なものじゃあねえか!!と思ったら、グラウンドで、友達を連れて、酒を飲んでいた。否定しようのない事実に、人生観を変えようと、もがいていたのかも知れない。もう、合理主義ではやっていけない、新しい希望が必要だ・・・と大学一年の後期テストほとんど白紙でも、前期の貯金で留年は免れた。大学二年の説明会の時、一年の時のクラ友の横に座って挨拶したら、「何で、お前が、ここにいるんだ?」と言われた。内心で、『コイツも俺と同じ辛酸なめるやろうな』と思った記憶がある。言っても無駄な奴には言わない。そいつは女に振られて三年から四年に上がれず、留年した。「飲みに行こうぜ」と誘われたが、グチを聞かされるのがオチなので、何か事件を作っていた・・・私は、東大生では無い。模試ではそこそこだったが、受けなかった。我々の高校は、東大に合格しただけで褒め称えていた風潮がある。あの、ぎすぎすした雰囲気がいやだった。プライドだけ高く、本からか誰かからしか学ぶことが出来ず、それを自分のポリシーとしていて、人付き合いというものも解らず、負けず嫌いに育てられたから、人をグサリとやる。グサリとやるにしても、加減が解らない、理論仕込みのおばかさなんである。相手をする気にもならない。

|

« 物理学者の謎 | トップページ | 謎だった電話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/58246812

この記事へのトラックバック一覧です: 頭だけで考える人達:

« 物理学者の謎 | トップページ | 謎だった電話 »