« 「叔父ちゃんのマンション凄いね」・・・ | トップページ | 『Katsu』の店長、無事だろうか? »

平泳ぎで2Km

 私の小学校一年の時の宿題は、担任の先生に暑中見舞いを送ることだった。海で3m泳いだことを絵にして、一言書いて出したら、先生から、がんばりましたね、という様な返事を頂いた。当時は息継ぎも出来なかったのである。泳げないのはまずいな、という理由かどうかは知らないが、両親は私と弟を、スイミングスクールに通わせてくれた。モリちゃんという近所のクラスメイトも通っており、すぐに仲良くなった。まず、一番下に入れられるのだが、目をつむって泳いでいたら頭をコツンとやられ、見抜かれていることに驚いた。クロール、背泳ぎと覚えていって、なんとか25mは泳げる様になった。しかし、その後、習い事がかさんで、スタンダードコースの上から二番目で辞めることになった。考えてみれば、私は平泳ぎを習っていない。何故だろうと思いつつ、中学受験を終えて、中一の夏休み、親父と毎日の様に、近くのプールに行って、上手い人の泳ぎを観察し、見よう見まねの独学で身につけた。その時も、親父は、勉強と同じく何にも教えてはくれない。夏も終わる頃、自信がついた私は、何Km泳げるかに挑戦してみようと思った。プールで時計を観ながら、何度もターンし、回数を数えながら、『これならいくらでも泳げるな』と確信したので、2Kmを泳ぎ切った時に、初めてプールの底に足を付けた。まだ余裕はあったが、それを最後に、プールに通うのを辞めることにした。それでも、私が体育の科目の中で一番苦手なのは、『水泳』なのである。いくら平泳ぎで2Km泳げても、クロールは30mが限界だったからだ。

|

« 「叔父ちゃんのマンション凄いね」・・・ | トップページ | 『Katsu』の店長、無事だろうか? »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/58291439

この記事へのトラックバック一覧です: 平泳ぎで2Km:

« 「叔父ちゃんのマンション凄いね」・・・ | トップページ | 『Katsu』の店長、無事だろうか? »