« 返事の無い塾 | トップページ | 研究室の選び方 »

桑田佳祐を哲学しているDJ

・お袋の買い物の足に、車を運転したが、最近の私は面倒なのでCDを掛けずに、FMを流している。なぜだか解らないのだが、ラジオを点けると、VICKSが効かなくなるのだが、もう慣れた。丁度、J-WAVEを効いていると、サザンの特集をやっていた。最初こそ適当に聞いていたのだが、段々、DJが桑田佳祐についての哲学論みたいな話をし出したので、可笑しくなってしまった。私個人としては、これは桑田さんが酩酊状態で作った曲では無いのか?とか、半分趣味に走っているな・・・などと感じていたのだが、そのDJは言葉巧みにサザンのエロ音楽についてテツガクしていた。桑田さんのエロい歌詞が許されるのも、サザンに、紅一点、原由子さんの笑顔があるからである・・・などと、おもしろ可笑しく語ってくれた。お袋は桑田さんの歌詞を聴き取れないので、適当に、プロデビューのきっかけとなった、『女呼んでブギ』の冒頭を歌って、「これでデビューしたんだよ」と語っていたら、案の定、信じられない顔をしていた。そして、同じく、「そんな歌詞ばっかり書いていたの?」と聞くので、「1/3はそうかなあ・・・でも素晴らしい歌詞も書いてる。天才だな」と応えた。私は、桑田氏は才能が涸れたかなと、残念に思っていた時期もあったが、食道がんを乗り越えられて、大分、変化が出てきた気がする。まだまだ、ガンガンにエロイ曲や、誰もがしびれるような音楽を提供して頂きたい・・・P.S.:桑田さんのソロの『フロムイエスタデイ』の中の、英語の歌詞の歌で、『I got no chance.』と叫ぶところ、私には、「加藤茶~~」と叫んでいるようにしか聞こえないのだが、気のせいだろうか?

|

« 返事の無い塾 | トップページ | 研究室の選び方 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/58084402

この記事へのトラックバック一覧です: 桑田佳祐を哲学しているDJ:

« 返事の無い塾 | トップページ | 研究室の選び方 »