« 「鶴瓶の家族に乾杯」を観て | トップページ | 数十年振りの鼻血 »

九官鳥のいる歯医者

・子供の頃の記憶で、おぼろげだが、何処かの歯医者に行った時、生まれて初めて『九官鳥』なるものを観た。九官鳥は、オウムよりも起用に人間の声真似をすると、事典で読んでいたので、早速試してみた。すると、本当に真似るので、驚き、いろんな言葉を放ってみた。あんまり上手に真似をするんで、その九官鳥に、「生麦、生米、生卵」と早口で言ったところ、イントネーションは合っていたが、九官鳥には難題だったらしく、はっきりとは、ものまね出来ていなかった・・・後にも先にも、九官鳥を観たのは、その一度きりであったが、その愛嬌からか、歯医者の怖さなど、全く覚えていない。

・定期的に入ってくるチラシといえば、寿司屋とピザ屋である。寿司屋はともかく、ピザの方は、『ピザハット』と『ピザーラ』の合戦状態である。『ピザーラ』のチラシが入れば、その何日後には、負けじと、『ピザハット』のチラシが必ず入ってくる。逆もまたしかりである。それらのチラシを見ていると、不思議と食べたくなってしまうのは不思議だ。しかも、丁度、ピザが食べたいタイミングでチラシが入ってくる。しかしながら、故祖父の遺言で、『外食するなよ』というものがあるので、我が家はほとんど外食することは無い。ピザについても同様である。

|

« 「鶴瓶の家族に乾杯」を観て | トップページ | 数十年振りの鼻血 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/57897043

この記事へのトラックバック一覧です: 九官鳥のいる歯医者:

« 「鶴瓶の家族に乾杯」を観て | トップページ | 数十年振りの鼻血 »