« 1980円の扇風機 | トップページ | 無限大の話 »

教習所では指名するな

・私が車の免許を採ったのは、19~20歳にかけてである。あの頃は、入金してから六ヶ月以内に免許を採らなければ無効になってしまう時代であった。私は、大学の春休みを利用して採ろうと思ったが、「君、残り二ヶ月だけど大丈夫かい」とまじめに言われた。原付の免許をその一年前に採ったので、学科は退屈なだけだった。暇なときには違反点数だけを覚えていた。実技の方は指名制だったけれど、私はそれをやらなかった。人それぞれ性格が異なるように、運転の作法もいろんな方から学んだ方がいいと思ったからだ。第一段階で、独り言をぶつくさ言ってハンコをくれなかった教官以外には、どんどん質問しまくった・・・昔の行きつけの床屋のおばちゃんが、「教習所に通わずに一発で採ったわよ」と自慢していたが、二回程、強烈な事故を起こした。私は何も言わなかったが、『このおばちゃん、教習所代より高い金払っているな』と思った。母が免許を採ると言ったのは五十の前半ぐらいだった。当然、AT限定で臨んだらしいのだが、相当な時間と金が掛かった。私が、「教習所の先生は指名しない方がいいよ」と言ったので、母もそうしたのだが、だれよりも早く行って、学科の勉強をしていたのには感心した。母が、「教習所の先生は、何にも教えてくれなかった」と愚痴を言うので、「それは、聞かない母さんが悪いよ」と言ったが、卒検のコースを全部走ってあげて、目印や注意点などを全部教えてあげた・・・無事免許は採れたものの、車庫入れが出来ず、今ではすっかりゴールド免許のペーパードライバーである。唯一の自慢は、学科の試験で、私が95点だったのに対し、母は97点採ったことである。

|

« 1980円の扇風機 | トップページ | 無限大の話 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/57864321

この記事へのトラックバック一覧です: 教習所では指名するな:

« 1980円の扇風機 | トップページ | 無限大の話 »