« 父と母の結婚記念日 その2 | トップページ | 父と母の結婚記念日 その4 »

父と母の結婚記念日 その3

・父と母の婚約が成立し、親父は時々神戸に帰ってきたらしい。そして、いよいよ結婚式及び披露宴となる際、父は大学で尊敬していた教授に仲人を頼んだらしいが、「式には参加させてもらうけれど、用事が入っているので披露宴の途中で帰らせてもらう。それに、会社勤めしているんなら、部長さんあたりに頼んだ方がいいよ」と言われ、会社の当時の部長に頼んだそうだ。結婚式は神前結婚をし、ウエディングドレスを着た母とモーニングを着た父という、今では考えられない式で、指輪の贈呈をした。その後、披露宴が行われ、中華料理のコースで皆をもてなし、尊敬する教授から、お言葉を頂き、母の友人代表の挨拶は、中・高・短大と仲の良かった友達に頼んだそうだ。父にいろんな博打や囲碁を伝授してくれた友達は、祝儀を払わずにタダ飯を食べて、引き出物を貰うという豪傑もいたそうだ。親戚もみんな集まってくれ、母は、(小学生の時から世話になった)曾祖父がスピーチし、父は祖父がスピーチしたらしい。そうして、計二時間半ぐらいの結婚式及び披露宴はお開きとなった。皆に挨拶をしてから、着替え、新婚旅行として、一泊目は六甲山の裏の有馬温泉の高級旅館に泊まったそうだ。二泊目は倉敷で、大原美術館に行ったらしいが、ここは、私も高校の修学旅行で行った。不思議なものである。

|

« 父と母の結婚記念日 その2 | トップページ | 父と母の結婚記念日 その4 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/57719636

この記事へのトラックバック一覧です: 父と母の結婚記念日 その3:

« 父と母の結婚記念日 その2 | トップページ | 父と母の結婚記念日 その4 »