« 携帯のバッテリー交換 | トップページ | 悪い噂は賢者が止める »

今宵、七夕の夜に・・・

・梅雨明けが平年より半月早いと聞いた。なので昼間は暑くて仕方が無いが、夜になって、空を観てみた。天の川こそ見えなかったものの、いくつかの星が輝きを放つ。どれが彦星で、どれが織姫なのかは解らなかったが、年に一度会える今宵に空が晴れていることが嬉しかった。男女の恋愛なぞ、他人が口を挟むものでは無い。二人だけにしか解らない事だってたくさんあるのだ。昔、年に一度しか逢えないなんて、酷なことだな、と思ったが、現在の私なぞ、思い出しか残ってはいない。捨てたわけでは無いが、それらも忘れた。今の私には、するべき事が多すぎて、チャラチャラしている暇など無い。自分は短命だと思っている。その代わり、太く生きようと決めつけている。私は思い込みが激しい。昔、旅先で、どうしようもなく女が欲しくなった時、私は吉田松陰を見習って、血を抜いた。我慢の一手である。万能ナイフで、太ももを軽く切った・・・最近は自分が何とか家計を立て直さなければならず、旅にもロクに出ないし、うっぷんは溜まる。女性のことを考えることも少なくなった、というより、そんな暇が無い。七夕に願い事をするのは、ロマンがあるが、そんな歳でも無い。願い事を短冊に書く暇があったら、動け、と脳が指示している。もっと汗をかけ、と。齢四十になって、自分の死に際についても考えるようになった。人生万事修行である。中途半端な男にだけはなりたくはない。

|

« 携帯のバッテリー交換 | トップページ | 悪い噂は賢者が止める »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/57747031

この記事へのトラックバック一覧です: 今宵、七夕の夜に・・・:

« 携帯のバッテリー交換 | トップページ | 悪い噂は賢者が止める »