« 具合悪し | トップページ | 復調の兆し? »

受難続き

・うちの弟のカミさんが、受難続きである。数ヶ月前、首に痛みを感じ、病院に行ったらしいのだが、首の後ろ側の神経のヘルニアと診断されたそうだ。そして、医者から、心臓と肺とに直結している神経だから、危険すぎて、手術できない、と言われたらしい。それでも、何とか治したく、いろんな病院に行ったそうだが、どの病院でも同じ事をいわれたそうだ。幸い、痛みは徐々に和らぎつつあった(のか慣れていったのかは判らないが・・・)。『まだ若いのに、気の毒にな』と思っていたが、その後、弟の次男が、タケノコ掘りに行って収穫したものを、家族で持ってきて、弟のカミさんが母に調理法を聞いていたのだが、その日に話したら、性格が大分、円くなったなというのが、第一感。・・・しかし、不幸は続くもので、数日前に、ひどい不整脈に襲われ、病院に行った所、「あまりひどいようだったら、心臓にペースメーカーを入れなければならない」と言われたそうだ。踏んだり蹴ったりである。ペースメーカーは、携帯電話などの電磁波に敏感なので、携帯やスマホなどの溢れている、現在の電車には乗れなくなるだろう。車の運転も無理となったら、足がない。救ってあげたいけれど、ブラックジャックは架空の存在である・・・人間なぞ、いつ、何が起こるか解らない、曖昧なものだと感じた次第。

|

« 具合悪し | トップページ | 復調の兆し? »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/57506689

この記事へのトラックバック一覧です: 受難続き:

« 具合悪し | トップページ | 復調の兆し? »