« 貸すことにした | トップページ | 救急車の絶えない町 »

inかatか

・大学一年の時の英語の授業で、予習してこいと言われても、しないのが私であった。ある時、授業で当てられ、『Where will Bob & Jane meet?』という、テキストを予習しなければ解らない問題を質問されたのだが、とっさに私は後ろの奴にサインを出し、答えを聞いたところ、小声で、「レストランだよ、レストラン」とささやいてくれた。そこで、私は自信を持って、『At the restaraunt.』と答えた所、外人講師は『コイツ駄目ね』という感じで首を横に振っている。私も本気で考える気になり、テキストを本気で読んだら、自分のミスに気がついた。要するに、簡略化するなということなのだ。そこで、『They will meet・・・』と答えようとしたときに、レストランの前の前置詞が、『in』なのか『at』なのかで考え込んでしまったのである・・・しかし、速攻で判断しなければならない。そんな時に頭をよぎったのは、ファミレスの入り口に、でかでかと『IN』と書かれていた看板であった。そこで、『They will meet in the restaraunt.』と、3秒で答えた。すると外人講師は、『OK.』と言った。私が、二つの異なる前置詞で悩んだことも見抜かれ、日本語で、「この場合は、『in』でも『at』でもどちらでもいいデス」という様なことを喋っていた。授業自体は楽勝過ぎたので、サボりまくっていたら、前期試験も後期試験も95点以上叩きだしたのに、『C』がやってきた。

|

« 貸すことにした | トップページ | 救急車の絶えない町 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/57554548

この記事へのトラックバック一覧です: inかatか:

« 貸すことにした | トップページ | 救急車の絶えない町 »