« 牡丹の花とイソップ童話 | トップページ | 嘔吐 »

五月にさっき見た夢

・宇宙空間で地球人がイメージする宇宙服による宇宙服を着たまま、地球上の、人間と呼ばれる生命体により、救助される夢を見た。人間は寝ながらでも思考能力があるように、私自身も、眠りながら、夢を見て、その繊細さに驚いていた。地球や人類や、ありとあらゆる生き物というのは、何て危ういんだろうかと・・・地球以外に地球とそっくりな星があるのか?と考え続け、友人が言ったように、共時性と言うことを考えれば、いくつあってもおかしくは無いのだが、それらは、皆、ごく稀であるという意見に対して、三つの疑問にぶち当たった。一つは生命というものの儚さ。二つ目は地球という物体の脆さ、そして、現在では、人間という物体が成している地球上での、金による支配・・・ユウウツになった。例えば、新聞の社会面を書いている連中、おまえら、そんなことかしている暇があるのか?早稲田の政経、お前ら、他をアジっているのに、自分を振り返らない。それで一人前のつもりなのか?だから、朝日は嫌いなんだ・・・K.Yと珊瑚に掘った、同社の水中カメラマンがいただと?・・・ふざけるな!!人間を見極める際、学歴ではなく、人間で見極めろ。自分らで、やらせ記事作っておいて、激高する奴など誰も信用しない。それがばれたら、「申し訳ありませんでした」と言って、責任逃避を繰り返す奴の多いこと、この上なし・・・それで宣伝してんのか?・・・我々人類は、生き抜くことではなく、それを試されているんだよ。

|

« 牡丹の花とイソップ童話 | トップページ | 嘔吐 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/57480355

この記事へのトラックバック一覧です: 五月にさっき見た夢:

« 牡丹の花とイソップ童話 | トップページ | 嘔吐 »