« 神の領域 | トップページ | タケノコが旬だなあ »

水遣り三年

・友人のじいちゃんが盆栽に凝っていたらしい。友人は娘が産まれて、『何でじいちゃんは盆栽に凝るのか?』という思いで、一杯だったらしい。その疑問を解くために、じいちゃんの師匠に当たる人に、習いに行った所、まず言われたことが、「水遣り三年が基本じゃ」と教わったそうだ。たかが盆栽、されど盆栽なのである。そうして友人は盆栽を始めたらしいのだが、何年も経つうちに、大体の所で、じいちゃんが盆栽をしていた理由が解ってきたそうである。その間、7~8年であろうか。そして師匠から言われた、『水遣り三年』という基本中の基本を忠実に守っていたから解った、とも言っていた。『水遣り三年』といっても、温度や湿度によって、その時々に合う条件がある。私と飲みに行った時でさえ、その極意は教えてもらえなかったが(多分、言葉では表現できないのだろう)、友人は、娘が産まれた記念に盆栽を始めて、相当、気を遣いながら、高さ10cm弱位まで育てたそうだが、半年か一年ほど前、その盆栽を長女にあげたそうだ・・・三ヶ月前に連絡を取った際、「あの盆栽はどうなった?」と聞いたら、友人が、「あいつ、枯らしちまったんだよな」と長年友人が苦労して育てた盆栽が無残な姿になったことを教えてくれた。

・大人にならなければ解らないこともある。好奇心と忍耐力が大切だ。

|

« 神の領域 | トップページ | タケノコが旬だなあ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/57235397

この記事へのトラックバック一覧です: 水遣り三年:

« 神の領域 | トップページ | タケノコが旬だなあ »