« 雪舟の龍の絵 | トップページ | 水で石を切る »

天気予報について

・昔、地理の授業で、ラジオで各地の気圧とか風向きを述べているものを基に、日本近辺の等圧線図を描いたことがあるから言えるのだが、最近の気象予報士の言っていることはなっちゃいない。と言うより、全然、予報が当たらない。私は風力や風向きを基に、高気圧や低気圧の張り出し方に着目して旅先などでも、次の日の天気を調べるのだが、曖昧な場合、普通の予報士よりも、私が予言した方が当たることが多すぎる。だから、天気予報は気象図だけを観て、自分で考え、後の予報士の言葉は無視している・・・そもそも気象庁に何台も置かれている、最新式のスーパーコンピューターの計算した予報は、ネットで見る限り、外れまくっているではないか。日本周辺の気象状態が変化してきているから、新たな気象学を構築しなければならない時期なのかもしれない。

・学生時代、「飲みに行こう」と誘われたら、絶対に断らなかった。留年が掛かった試験の前の日でも飲みに行っていたが、『一気』だけはやらせなかった。友人に事情を話すと、「お前、大丈夫なのかよ」という感じだったが、ビールを飲みながら、「徹夜すれば何とかなるだろ」と応えた。終電で帰ったのだが、本当に一夜漬けで、単位が来たのは幸いであった。

|

« 雪舟の龍の絵 | トップページ | 水で石を切る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/57108299

この記事へのトラックバック一覧です: 天気予報について:

« 雪舟の龍の絵 | トップページ | 水で石を切る »