« 白梅、ウグイスをを楽しませる | トップページ | 『宅浪の仕方』 »

野獣死すべし・・・・・

・オイルシェルという物を知ったのは、高二の終わり頃だった。当時は現実味が無く、夢のような話であった。オイルシェルというのはオイルを含んだ砂を実用化するという試みである。当時の教師は、需要と供給のバランスがとれないと、言っていた。しかし近年の石油相場の莫大な投機により、現実味を増してきた。私がある友人より聞くと、「東アジアの通貨危機や南米の通貨危機を起こした連中と、そういう投機を繰り返しているのか?」と聞いたら、「そうだ」とだけ応えた。周前だったので、それ以上話を大きくしなかったのだが、そいつらのやっている事といえば、累進課税をやってない、ある国で、金儲けのためなら、一国を潰す事も辞さず、それでも平気な連中なのである。世界中の人たちにとって、そいつらは迷惑なだけである。まじめに働いている人が馬鹿を見て、そいつらがやり放題にやる世界はおかしい。投機相場で、1バレルあたり、初めて100$を超させたという自慢話をしていた馬鹿もいたが、はなはだ迷惑な話である・・・原点に返ると、オイルシェルなどというものが、マネーゲームの中で実用化されるということが、そもそもおかしい。『ホテカル』の歌詞のように、宴の中で、人間のきりのない欲を象徴している、『ビースト』を殺しきれないのも、人間の業なのだろう。そいつらなどと資本主義について語る気は無い。

・おい、中華人民共和国!!レアアース暴落おめでとう!!独り占めしようなんて考えるな、この、馬鹿!!

|

« 白梅、ウグイスをを楽しませる | トップページ | 『宅浪の仕方』 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/56909986

この記事へのトラックバック一覧です: 野獣死すべし・・・・・:

« 白梅、ウグイスをを楽しませる | トップページ | 『宅浪の仕方』 »