« 返してくれたまえ | トップページ | 白菜漬けのブルース »

立たない奴等

・先日の衆院選の結果を分析すると、民主と維新が潰し合いをしたのは、間抜けであった。私としては、どちらが第一野党になってもよかったが、結局、自民と公明に漁夫の利をさらわれた。私は候補者を誰にしようか、無理矢理入れられたパンフレットを読んで、掲示板を見た所、どいつもこいつも甘ちゃんだったので、無効票を覚悟に、首相になってもらいたい人の名前を書く事にした。結果、『ビートたけし』か『テリー伊藤』しか残らなかった。それ程現在の国会議員というものには、ハクが無く、決断力に欠け、みんな、『坊や坊や』してきた奴等ばかりの顔が揃ってしまった。知らぬ間に、あんなに情けない辞め方をした安倍が首相になり、円安は進み、何とか円高で繰っていた庶民の生活が苦しくなった。やたら右めいた事ばかりを言っているが、あんな辞め方をした男が、一国の主たるわけにはいかない。いつぞやのニュースで、自分の故郷の山口県に墓参りに行った時に、「私も長州人足る所を・・・」と述べていたが、それを会津の人たちが聞いたら、シャレにならない発言だと思った。安倍君のこれからの行動にもよるが、『何で、麻生が副総理なんだよ』と思うと同時に、この国の人材の少なさにも驚いた。

・『たちあがれ日本』という政党があったが、どいつもこいつも高齢者ばかりで、立たない連中が、何ゆえに、立つのだろう?という疑念を捨てきれなかった。」

|

« 返してくれたまえ | トップページ | 白菜漬けのブルース »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/56943851

この記事へのトラックバック一覧です: 立たない奴等:

« 返してくれたまえ | トップページ | 白菜漬けのブルース »