« 自分を強くしたかったからだ | トップページ | 定義と定理 »

勝新の武勇伝

・亡き勝新が、銀座で豪遊していた頃、「俺のおごりだ」と言って、巨大な盃に高級ブランデーをなみなみと注ぎ、クラブに来ていたみんなに廻していたらしい。だから借金を十数億円もつくったのだ。また、ある時には俳優仲間の後輩を引き連れて、寿司屋に行き、勝新がマグロを一口食ったところ、店員を呼び出して、凄みのある表情で、「オイ、この刺身、味がおかしくねえか」と、いちゃもんを付けた所、店員は顔面蒼白となり、大慌てで、「申し訳ございません。すぐに取り替えて参ります」と言って、速攻で厨房に入っていったところ、勝新が若い役者連中に、「観たか、あれが本当に人間がビビった時の姿だ」と言って、豪快に笑い飛ばしたらしい・・・そんな勝新だが、女房の中村玉緒は、「生まれ変わっても、私には勝新しかおりません」と語っており、勝新亡き後も、黙って借金を返し続けている。ところが、勝新の坊ちゃんが、京都の映画村で撮影していた時のリハで、「真剣を使う」と言い張り、役者さんを一人、殺してしまった。私が推測するに、坊ちゃんは、時代劇の殺陣で、ベテランの役者さんも想像できないような、常軌を逸した剣の振り方をしていたに違いないと、読んでいる。

・勝新と言えばハワイでの『パンツの中にコカイン事件』だが、あの時に記憶した際の記者会見は笑わせてくれた。勝新曰く、「誰かが、俺のパンツの中にコカイン入れやがったんだよな」と、逆ギレしていた姿が忘れられない。あの事件はかっこ悪すぎて、逆に愛嬌があった。

・がんになった勝新が、記者会見でタバコを吸っていたところ、記者から、「禁煙されたと聞いたのですが」と聞かれたところ、勝新はタバコを吹かしながら「ああ止めたよ」と言っていたが、最後まで、粋に生きようと決め込んでいる気がしてならなかった。

|

« 自分を強くしたかったからだ | トップページ | 定義と定理 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/56672025

この記事へのトラックバック一覧です: 勝新の武勇伝:

« 自分を強くしたかったからだ | トップページ | 定義と定理 »