« 盲腸は切っておくべきか? | トップページ | 浪人の心構え »

工夫のしかた

・材料力学の研究室に進んだ私は、まず、材料を切る道具としてファインカッターなる物を知った。ファインカッターの刃があまりに細いので、少しでも偏心すると、すぐに粉々になって、排水口が詰まるのが難点だった。そこで、私が、「針金など使って押し出してみたらどうでしょうか?」と提案したら、先輩も、「それなら行けるかも知れない」と言って、針金をそのまま入れようとした途端に、再び私が先輩に、「多分それじゃあ、上手くいきませんよ」と言ったら、ペイペイが何言いやがる、という眼で、「そんなこと、やってみなけりゃわからねえだろ」と言われ、私は黙った。しかしながら、案の定、上手くは行かなかった。それを観ていた私が、「少しだけ私にやらせて頂けませんか」と立候補した。私の考えでは、針金をそのまま通すから、いけないんであって、針金を三重ぐらいに巻いて、強度を増し、排水口に突っ込んでみた。すると、面白い様に詰まっていた材料が出てきたので、一同から歓声を受けた。先輩の面子もあるので、私は黙っていたが、嬉しかったし、それから先輩の見る眼が変わった。例えば、私が左手の人差し指に指輪をはめていたら、怪しがられても、理由を聞かれる様になった。その指輪については、英会話スクールの帰りに英語を喋りたくて、千円値切った話をすると、大爆笑が起きたので、私は、「実は、この指輪にはあまり意味が無いのです」と言ったら、もっと爆笑された。

・大学教授といっても、別に大したことは無い。私の所は、研究室中の生徒からナメられていた。アイツ、ほんまもんの馬鹿なんじゃあないかと・・・

|

« 盲腸は切っておくべきか? | トップページ | 浪人の心構え »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/56543675

この記事へのトラックバック一覧です: 工夫のしかた:

« 盲腸は切っておくべきか? | トップページ | 浪人の心構え »