« 研ナオコは妥当か? | トップページ | 赤線 »

男気

・私の家の近くの商店街にガラス屋がある。そこのおっちゃんは、男気があって、父が他界した直後から、私と母とをいたわってくれた。おばさんも品のある方で、息子さん、そのかみさんも、大変親切な方々である。そのおっちゃんんは、調理師の免許も持っていて、胸焼けしないコロッケを開発し、売り出した。休みの日も、デパートなどの営業周りをして、一躍ヒット商品となった。クリーニングもしている店で、昔からお世話になっていた。一方で、おっちゃんは、スイーツなどの新商品なども手がけていた。一度、私もそのスイーツを食したのだが、今まで食べたことの無い触感と味だと思った。クリーニングの服を受け取りに行った母によると、そのスイーツは、微妙に変化していたらしい。コロッケと一緒に購入し、その変化したスイーツを食べてみたところ、不思議な食感が無かったらしい。その店はスーパーに行く途中にあるので、後日、コロッケを買いに行ったところ、奥からおっちゃんが出てきたので、母が、「あのスイーツの不思議な食感をデコレーションが潰してしまった気がする」とアドバイスしたらしい。もちろんおっちゃんも、逆恨みをしたりする人では無いので、「貴重なご意見ありがとうございます」と言ってくれたそうだ。どこまでも器のでかいおっちゃんだ。

・おっちゃんは、スイーツ一つ作るのでも、芸術性を込めるそうだ・・・例えば、母が指摘したスイーツならば、ビーチと海をイメージしたらしい。そこまで行くと、もう、職人さんだ。

|

« 研ナオコは妥当か? | トップページ | 赤線 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/56634943

この記事へのトラックバック一覧です: 男気:

« 研ナオコは妥当か? | トップページ | 赤線 »