« 懐かしき日々 | トップページ | 誕生 »

不惑

・ 眠気の中、私もついに不惑の年(四十にして惑わず;論語)となった。五年半以上(消えた部分もあるが)毎日、続けてきた甲斐があった。全ては友人の一言から始まり、いろんな意味で皆様に支えられたと思う。この五年半で、父を亡くし、愛犬の最後を看取りと、様々なことがあった・・・でも、なんとかやってこられた。様々な複雑な思いの中から、私は数学塾時代の恩師の言葉を信じたい。それは、「長年、塾で言ってきたことなのですが、二十代は体力はあるけれども経験不足、三十代も同じ様なものです。ですから、私は、四十代で通用する様な人材を育てたいのです。能力と体力とが一番脂ののる時期だからです。どの著名人も言っている通りに、五十代になると、体力に自然と衰えが来るのです」と、ティーンエイジャーの私には想像も付かないことを仰っていた。ラッキーなことに、私は、この先生の言葉を覚えていた。私も、毎日、このページを観くれている友人にも感謝している。この五年半の間に、彼は飛行機を作り、飛行場を作り、滑走路までしいてくれた。準備万端である。あとは飛び立つだけである・・・自分の人生は一体どうなるんだろうな、と悩んでいたのだが、五年半、様々な事があるうちに、光が見えてきた。四十代は駆け抜けるつもりである。

・苦しくても弱音を吐かないこと、たとえ満足であっても驕らないこと。

・どんな人間にも他人には話せない様な心の傷がある。解ってはいても、なかなか解らない・・・触れないことだよ。それも、充分な思いやりなんだ。

|

« 懐かしき日々 | トップページ | 誕生 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/56564113

この記事へのトラックバック一覧です: 不惑:

« 懐かしき日々 | トップページ | 誕生 »