« 大学時代の友人達との飲み会2013(その2) | トップページ | 大学時代の友人達との新年会2013(その4) »

大学時代の友人達との新年会2013(その3)

・大人同士の猥談というものは、卑猥では無い。店長の新しい店の、顔になってもらう娘のための猥談だった。ウトウトしていた私は、目が覚めた時、『しまった、乗り遅れた』と思ったのだが、よくよく聞いてみると、みんな一線を外していない。私の場合、卑猥な猥談では、口をきかないのだが、みんなが店長のために、必死で卑猥では無い猥談を議論している姿が面白かった。結論は、店長の新しい店には、いい女の子を入れよう、という事で合致した。すると今度は、その女の子のチャームポイントをどこに置くか?ということで、みんなの意見が割れた。私は、その頃、完全に目が覚めたし、みんなが最近の流行りについて詳しかったので、私には手も足もでなかった。そうして、本当に熱い場が醒めてきた頃、私がポツリと、「インドに行ったって聞いたけれど、カースト制度と衛生面は、今どうなっているんだ?」と聞いたところ、最近行った友人が、「確かにインドは民主主義の国なんだけれども、カースト制度はまだ生きている。だからバラモンしか政治家にはなれない。そもそも、ヒンズー教やジャイナ教のしきたりによって決められるのがオチなんだ。カーストもあることはあるけれど、それぞれ、ソーシャルネットワークが確立されている」と教えてくれた。また、日本の今回の東日本大震災の被災者の方々にも、いかにソーシャルネットワークが大切かということを教えられた。

・インドの衛生面の問題はどうなっているのか?という質問に対しては、行ったことがある三人のうち、二人はアタッたらしい。そのうちの一人が、一度目はアタッたそうだが、二度目は大丈夫だったらしい。それは、抗体が出来たのだろうと思った。

|

« 大学時代の友人達との飲み会2013(その2) | トップページ | 大学時代の友人達との新年会2013(その4) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/56597712

この記事へのトラックバック一覧です: 大学時代の友人達との新年会2013(その3):

« 大学時代の友人達との飲み会2013(その2) | トップページ | 大学時代の友人達との新年会2013(その4) »