« ワン・フォア・オール、オール・フォア・ワン | トップページ | 寝ぼけながらの飲み(その2) »

寝ぼけながらの飲み(その1)

・昨日、仏画やゴルフクラブをくれた友人と、二時間飲む為に、片道一時間半掛けて、街に繰り出した。すると、待ち合わせした駅よりも、一駅手前の駅の方が近かったので、少し歩いたが、一年振りの再会に嬉しさが止まらなかった。しかし、私の調整ミスで、眠たげになってしまい、悪いことをした。私は、彼のことを、彼は私の事を心配していたので、お互いに元気そうで良かったな、という流れになった。名古屋料理の居酒屋に行き、ビールで乾杯したのだが、彼の娘さんで小学校の六年生になる子が、私のblog本が面白いと語っていた、と言ってくれたので、ものすごく嬉しかった。なんでも、その子は、六年生レベルの一冊の本を一時間で読んでしまうらしい。友人が、松下幸之助の本を読ませたら、凄い人ね、と言ったらしい。友人によると、多分、斜め読みしているんだろう、と言っていた。そこで漱石の『吾輩は猫である』を渡した所、難しすぎた様子だった、と語っていた。私が、「中学受験させるのか?」と聞いたら、「算数が駄目だから、つぶしが効かないんだよ」と言っていた。続けて、「教えてやる事も出来るんだけれど、どうしても強制する気にはなれないんだよな」と語っていた。そして、ゲームが欲しいと言ったので、「秋葉原で部品を買ってきて、やりたきゃ自分で造れ」と言ったところ、見事に造って、楽しんでいるらしい。しかし彼は、コンピューターの専門家なので、その恐ろしさも充分心得ているから、まだ、コンピューターは触れさせてはいないらしい。まだまだ面白い話が続くのだが、それはまた次回に・・・(つづく)

・将棋界の巨星落つ・・・米長邦雄大先生のご冥福を祈る。

|

« ワン・フォア・オール、オール・フォア・ワン | トップページ | 寝ぼけながらの飲み(その2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/56348314

この記事へのトラックバック一覧です: 寝ぼけながらの飲み(その1):

« ワン・フォア・オール、オール・フォア・ワン | トップページ | 寝ぼけながらの飲み(その2) »