« 聖徳太子は実在したか? | トップページ | 教師の奢り »

美味しいミカンの見分け方

・小学校低学年頃の夏休み、母の実家の瀬戸の家で、私と弟と故祖父とで、たしか、馬の物語だったかなにかをTVで観ていた。主人公の少年が家出するというシーンになった時、祖父が一言、「こいつは馬鹿じゃ」と言った。私と弟は、よく解らず、「何で馬鹿なの?」と聞いた。すると祖父は、「あたりまえじゃろうが。こんな、家出みたいな真似したら、みんなが心配するじゃろうが」と言って、「こげなこと、したらだめじゃぞ」と言って、私と弟を躾けてくれた。

・じいちゃんの葬式の時に知ったのだが、じいちゃんには、何でも話せる親友が二人いたらしい。そのうちの一人の方が、私の母の弟にあたる叔父さんに、葬式の晩、やってきて、いろいろと話していたが、意味は解った。そして最後に、「次はワレの番じゃぞ」と言ったら叔父さんは、「はい」と言っていた。私は、方言を聞き取ることは出来るのだが、話すことは出来なくなってしまった・・・ガキの頃は話せたのになあ。

・夏休みに、瀬戸の家に帰っても、父は仕事があるので、私と弟だけが夏休み一杯、瀬戸の家にいた。その間に、いろんな友達が出来た。

・美味しいミカンは、皮が薄く、表から見て、房の様子が判る様なものである。そうでない物は今一つなのだ。

|

« 聖徳太子は実在したか? | トップページ | 教師の奢り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/56232914

この記事へのトラックバック一覧です: 美味しいミカンの見分け方:

« 聖徳太子は実在したか? | トップページ | 教師の奢り »