« 大局観を磨く | トップページ | 大学というもの »

首相になって欲しい人

・昨日、親父の墓参りの帰りに、衆議院議員選挙の期日前投票に行ったのだが、どう考えても、入れたい候補がいなかったので、仕方なく候補者名に、私は、『ビートたけち』と書き、母は、『テリー伊藤』と書いて、投票箱の中に入れた。しかも、最高裁判所の裁判官の判定は、一人だけおかしな思想を持った奴がいたので、連帯責任で、私も母も全員×にした。比例の政党名はまともに書いたのだが、余りにも、選挙をウケ狙いで入れてしまったので、何か、有権者として後ろめたい気がしてならなかった。しかしながら、自分のポリシーと異なる奴などに、入れるわけにはいかない。自民党と民主党で馬鹿みたいな争いをしている国会中継を観ると政治的関心は、ものすごくあるのだが、テレビを消す・・・今回は原発問題を一番の判断材料とした。候補者の中には原発廃止論があるようだが、現在、地球上で、最も強力なウエポン(武器)は、原爆及び水爆なのだ。ただでさえ、現在、韓国及び中国、北朝鮮にナメられている状態なのに、この国から原子力技術者がいなくなったら、もっと外圧を受けることであろう。馬鹿な候補者は、原発反対というスローガンを単に掲げているが、日本の国益にかなわないことを言っていると考える。確かに福島の方で、避難区域に入っている方達には気の毒なのだが、国益を考えれば、私は原発という物は、必要な物であると考えている。

・私と母は、本当は入れたい候補がいたのだが、党の方針として、原発問題についてのポリシーが合わなかったので、二人とも、半ばブチ切れ気味に書いたのである。猫も杓子も同じ様な事を言う候補者ばかりで、長期的かつ大局的な国益にかなったビジョンを持っている奴がいないと判断したのである。

|

« 大局観を磨く | トップページ | 大学というもの »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/56320737

この記事へのトラックバック一覧です: 首相になって欲しい人:

« 大局観を磨く | トップページ | 大学というもの »