« 喋ると聞くについて | トップページ | 相撲古今東西 »

ピッチャー小松、第一球を投げました

・ウオークマンこそ持ってはいたものの、CDプレイヤーもレコードプレイヤーも、我が家には無かったにもかかわらず、中3の時に、つきあいで、友達とレンタル店に行っていた。その時、私は、『確か、洋楽に詳しい別の友人に、「基本はビートルズだな」』と言われた事を思い出し、夢中でレコードを借りて来たのだが、家に帰ると、母が、「それをどうやって聞くの?」と聞いて来たので、我ながら馬鹿なことをやっちまった、と反省した・・・翌日、友達に、「悪いんだけれど、テープに落としてくれないか?」と頼んだ所、「ああ、いいよ」と言ってくれたので、何とか形にはなった。しかし、カセットテープを聞いていると、ある曲が終わったとたんに、「ピッチャー小松、第一球を投げました。ああっと、打たれました・・・」という様な、アナウンサーの声が入っていたので、思わず笑ってしまった。多分、彼なりのギャグか何かだったのだろう。

・洋楽を聴き始めるのに、『ビートルズが基本だ』と言ってくれた友人には感謝している。毎月の小遣いで、アルバムを一枚ずつ買って、聞き込み、歌詞カードを観ながら、努力した。そして、いい加減飽きた所で、他の洋楽だけでなくクラッシックまで手を出していた・・・幅広く、音楽というものを楽しみたかったからである。

・高一の時には、CDラジカセを買っていたのである。まだ、CDの出始めの頃だった。あのカラヤンでさえ、その音色の美しさに、「私は産まれる年を五十年、誤ってしまった」と語ったそうである。

|

« 喋ると聞くについて | トップページ | 相撲古今東西 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/56179424

この記事へのトラックバック一覧です: ピッチャー小松、第一球を投げました:

« 喋ると聞くについて | トップページ | 相撲古今東西 »