« ジーコの贈り物 | トップページ | 母からの贈り物 »

柔道場で野球

・文化祭の時、暇だったので、柔道部の練習場で、高二柔道部員対それ以下の柔道部員との、ゴムボール野球(ゴムボールといっても、縫い目の着いた、本格的なゴムボールである)が行われた。相手ピッチャーは私の近所に住む後輩だったので、死んでも打たなければならなかった。ましてや負けなど許される筈がない。それまで高二チームはみんな凡退していたのだが、いざ打席に立ってみると、かなりノビのあるストレートを投げていた。しかし、三球観て、そいつがストレートだけのピッチャーだと解った。そして、四球目を狙い撃ちすることにした。すると、キレはいいのだが、ど真ん中に入ってきたので、ライト側にホームランを打つことが出来た。結果は、何とか高二チームが面目を保つことが出来た。問題はその後に来た。ホームベース代わりに使っていた柔道場の朱畳みに、バットの先の黒いゴムかすが残ってしまったのだ。下級生に畳磨きをさせたものの、上手くは行かなかった。後に、格技大会の前に、友達のつてで、使い古した柔道着を着ると、柔道顧問の先生が、「おい!お前もやっていくのか?うちは出稽古歓迎だぞ」と言われたので、参ってしまった。私は、「剣道の方で格技大会には参加しますので、見学させて頂きます」と言ってはみたものの、結局、一時間正座し、下半身が死んだ様だった。まあ、柔道場の一件は、それでカタが着いた様なものだったが、なんとも、粋な先生だった。

・筋肉には二種類のタイプがある。一つは瞬発力の筋肉、そしてもう一つは、持久力の筋肉だ。勉強をする奴のタイプも同じ様なものである。

|

« ジーコの贈り物 | トップページ | 母からの贈り物 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/55884475

この記事へのトラックバック一覧です: 柔道場で野球:

« ジーコの贈り物 | トップページ | 母からの贈り物 »