« 2000話目に思うこと | トップページ | のど自慢でブチ切れる奴がいてもいいじゃあねえか »

いきなりの坊主頭

・高校時代のある日、クラスの人気者が、いきなり坊主頭にして登場したら、クラス中の奴から笑われていた。そいつは柔道部に高一から入ったのだ。現国の先生がそれを観て、「Going my wayか、あっぱれあっぱれ」と言ったりもしていた。柔道部に入った友人は、合宿で、遅いながらも長距離を完走し、指導している先生からは、一目置かれていた。その一方で、私の隣の席の奴も、そいつに誘われて柔道部に入ったが、学年全体が体育でラグビーを行った際、「あれは痛てえ」と言って、わざわざ何ともない小指にバンドエイドを張ってまで、欠場する様な根性なしだったので、柔道部に入っても芽が出なかった。その一年後の行われた格技大会で、私は剣道で出場したのだが、柔道に比べて早く終わってしまい、剣道の連中はみんな柔道を観に行っていた。すると、クラスの人気者だった奴は、花道状態となり、見事に優勝していた。その時はみんなが歓声を上げてそいつの事を応援していた。

・私のヨミでは、高一の時の友人が、いきなり友達を誘って柔道部に入ったのは、多分、小林まことの、『柔道部物語』を読んで、入れ込んだクチだと思っている。それまでは、麻雀ばっかりやっている奴だった。

・衝動的に死にたくなる気持ちは、誰にでもやって来る。特に恋愛に於いては・・・土俵際で踏ん張る力士の様にの様な逞しさを、みんな持って欲しい。

|

« 2000話目に思うこと | トップページ | のど自慢でブチ切れる奴がいてもいいじゃあねえか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/55990417

この記事へのトラックバック一覧です: いきなりの坊主頭:

« 2000話目に思うこと | トップページ | のど自慢でブチ切れる奴がいてもいいじゃあねえか »