« 健さん、受賞、おめでとうございます | トップページ | 全身ビシビシ »

トライアスロンの掟

・オリンピックにしろ、徳之島にしろ、どのトライアスロンにも共通しているのは、スイム→バイク→ランの順番で行われていることである。この順番を間違えたら、人など簡単に死んでしまう・・・私が高三の時に、ひとつ上の先輩が、チャリンコサークルに入っていたらしいのだが、ニュースにはならなかったが、死んだ。夏休みの合宿で琵琶湖に行った際、サークルの阿呆な先輩の思いつきで、トライアスロンをすることになったらしい。その際、ラン→スイム→バイクの順番で行ったらしいのだ。男はみんな、全力疾走した後に琵琶湖の桟橋から、次々と飛び込んだらしいのだが、そこで、私の先輩は命を落とした。合計二名が溺死したのだが、大昔の、産まれて初めて酒を飲んだ東大生の数名が、真冬の凍り付いた山中湖で、夜中にボートを漕ぎ出して、転覆し、馬鹿が死んだ事故程、注目されなかった。トライアスロンをやる場合、絶対に、最初にスイムを持ってこなければ、ならないのだ。後に遺体が上がって、検死すると、その二人の肺には大量の水が入っていたそうである。その、インチキトライアスロンでは、最初のランが50mか100m足らずだったと聞いている。たったそれだけで、若い男が二人死んだのだ。水の事故と行っても、非常に勿体ない命の落とし方である。親御さんの無念さを考えると、心から合掌したい。

・私が通っていた数学塾の恩師は、事あるごとに、飲み会を開いていた。それも店でである。最初、私が一番驚いたことは、中三の時からビールを飲まされたことである。そこでおかわりする奴も珍しいと思うのだが、女の子達は飲まなくても許されたので、餅などを食べていた。同学年の友人は、完全にデキ上がってしまい、先輩達と共に、塾に戻り、水を飲んで酔いを覚ますという具合だった。恩師が飲み会を開く根拠は、上記の山中湖の一件で、世間知らずのまま、育ててはいけないというのが主旨だった。しかし、その先生は、身体が弱く、独り者だったせいもあり、賑やかなことが好きだったのだろうと憶測する。もちろん、会には、参加できない子は参加しなくても良いのだ・・・師は私が高二の冬に若くして亡くなったのだが、今にして思えば、孤独だったのだろうなと思う。あの人が心から笑っている写真を持っているだけ、私は幸福者だ。

|

« 健さん、受賞、おめでとうございます | トップページ | 全身ビシビシ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/55597538

この記事へのトラックバック一覧です: トライアスロンの掟:

« 健さん、受賞、おめでとうございます | トップページ | 全身ビシビシ »