« 驚いた | トップページ | 昔のファイルを見て »

物事というもの

・物事は観て覚えるのが良い。さらに良いのは、自分で体験してみることである・・・ガキの頃、親父の行きつけのガソリンスタンドで、洗車機の中が不思議で仕方がなかった。スタンドのおっちゃんに頼んで、車に乗って洗車機を掛けてもらったことがある。それで初めて、洗車機とはこういうものかと、納得がいった。しばらくすると、車の整備の際に、小さな弁が、あの重い車を持ち上げるのが、不思議になった。小学校の頃に、お袋に買ってもらった学習マンガで、初めてそれが、『パスカルの原理』を利用していることを知った。パスカルはいろんな事を発見しているが、『パスカルの原理』は、手品を見せられている様であった。主に液体などで、圧力が均一にかかることを意味しているのだが、あんなに重たい車でも、簡単に持ち上がるのだ・・・この間、スタンドに行った際、車を下から観てみたのだが、初めて観る光景に驚いた・・・今や、車庫入れなどで、エンジン音がしないハイブリッドカーが増えたが、それも、ガソリン代をあげている一因だと思う。地球には優しいが・・・私の運転する車は親父の形見であり、多少燃費が悪くても、売る気にはなれない。しかし、こうもガソリン代が上がると、ドライブなどは道楽となってしまう。オートマ車ばかりの世の中、久々にマニュアル車を運転してみたいものである。

・こうもガソリン価格が高くては、女に貢ぐ、いわゆるアッシー君という言葉も、死語になったであろう。

・物事に事実はあっても、真実はない。真理もない。

|

« 驚いた | トップページ | 昔のファイルを見て »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/55733015

この記事へのトラックバック一覧です: 物事というもの:

» 物事はこうなっている [哲学はなぜ間違うのか?]
逆に言えば、私たちがそういうように物事がこうなっていることを認めるから物事はこう [続きを読む]

受信: 2012年9月25日 (火) 21時04分

« 驚いた | トップページ | 昔のファイルを見て »