« 異国でのカレーの味 | トップページ | 父の四周忌と水太りとサウナとゴルフ »

理性と本能と

・大学一年の冬、期末テストも近い時、私は、ある女の事で本能に打ち負かされ参っていた。ノイローゼというのは、思考プログラムが無限ルーチンに入って終わらない様に、能が異常に働き、突然、眠気に襲われるものなのである。私は、その時は、その女の事が好きだったが、その女の事は考えたくもないという矛盾に悩まされていた。よって、何か他のことに集中しようと、友人の中で一番ビリヤードが上手い奴を誘って、学生街に向かった。もちろん勝つつもりである。ナインボールを昼から始め出したら、結構いい勝負になり、一進一退の攻防が続き、私は夢中になってやっていた。いい加減やっても、決着が付かないので、先に20ゲーム取った方が勝ちにしようという事になった。当然ニギっていたのだが、結局終わった時には、外は暗くなっていたのだが、私が20対18で辛くも勝った。自販機でジュースを二本買い、相手に、「お疲れ様」と言って、一本渡し、一緒に飲んだ。彼は、「次は必ず取り返すけん、ええよ」と言っていたが、私は、「俺にとっては最高の気分転換になったから、ありがとうな。余計なことを考えずに済んだので、助かった」と言うと、彼は意外そうな顔をしていたが、私の心中を汲んでくれた。そして、「いつでも挑戦は受ける」と言って、笑って別れた・・・結局、後期試験は、独語以外は、全部0点だった。それでも留年しなくて済んだのは、前期試験の貯金のおかげである。結局、意中の女には、大学二年と三年と、二度アタックしたがフラれた。野球で言えば2打数0安打である。

・後にも先にも、ナインボールを一日に38ゲームもやったのは、これが最初で最後である。

|

« 異国でのカレーの味 | トップページ | 父の四周忌と水太りとサウナとゴルフ »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/55417966

この記事へのトラックバック一覧です: 理性と本能と:

« 異国でのカレーの味 | トップページ | 父の四周忌と水太りとサウナとゴルフ »