« アフターケア | トップページ | 人間でないクズは死ね »

八丈島のおっちゃん

・最近入院しても、病院内に喫煙室がない所ばかりだ。喫煙者としては、時折、病院の外に出て吸いたくなるものである。現に私が、blogを始める前に、痔で一週間程入院したことがあるが、外でタバコを吸うと、クラクラとする状態になりながらも、一日三回は、外に出て吸っていた。その病院は個人病院なので、外で喫煙する奴が多すぎる、との苦情が絶えず、看護師さんたちも病院内で靴を持って歩いていると、必ず注意していた。そんな中、私が病院の売店から病室に戻る時の廊下で、靴をビニール袋に入れて注意されているおっちゃんがいたので、看護師が去った後で、そのおっちゃんの病室へ行き、私が、「おっちゃん、靴を持ち歩くのにビニール袋じゃ駄目だよ。紙袋にするんだよ紙袋に・・・そしたら、中が見えないでしょ」と言ったら、おっちゃんは、「それもそうだな」と、いい顔で笑っていた。おっちゃんとは仲良くなり、八丈島から来たことを知ったので、おっちゃんに、「八丈島の見所とかおいしいものとか何かありますか?」と聞いたら、おっちゃんは、「いや~今、何も無いんだよなあ」と言うので、私が、「釣りとかはどうですか?」と聞くと、「いやあ、黒潮が蛇行しちまって、ロクなもんがつれないんだよなあ」と言っておられた。退院の日に挨拶したが、頑張れ八丈島!!

・痔の手術をした日には、一日二度だけ麻酔が打てたのだが、私の場合、熟睡していたら一本目の麻酔が切れたらしく、ケツの中にタバスコを入れられた様な激烈な痛みで一気に目が覚め、『深夜に申し訳ないな』と思いつつ、痛みに耐えかねて、ナースコールノボタンを押した。すると、看護師がすぐにやってきて、二本目の麻酔を打ってくれた。礼を言い、麻酔が効き出した頃には寝ていた。その後の痛み止めは、一般的な鎮痛剤のロキソニンだったが、本当にきつかったのは初日だけだった。

|

« アフターケア | トップページ | 人間でないクズは死ね »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/55395702

この記事へのトラックバック一覧です: 八丈島のおっちゃん:

« アフターケア | トップページ | 人間でないクズは死ね »