« 民話のふるさと | トップページ | プロの歌手 »

チャンスは一度きりか?

・十五年前、スペインのマドリッドの駅の観光案内所のおっちゃんに、「サマータイムが終わるのは、いつなのですか?」と尋ねた所、「サマータイムなんて無いよ」と言うので、一度は引き下がったものの、電車の時刻が変わってはたまらないので、そのおっちゃんに、ごめんとボディランゲージで伝えてから、今度は、となりのおばちゃんに聞く事にした。それでも事情が分からない様にしていると、さっきのおっちゃんも加わって説明してくれたが、釈然としなかった。その後、実際に、パリの北駅で、サマータイムが終わっただろう日に、駅員に猛抗議している東洋人のおっちゃんがいたが、駅員は、「欧米では当たり前のことです」と相手にしていなかった。フランスの北駅といえば、ユーロスターというイギリス行きの列車の拠点だった。そのおっちゃんが自分のポカにも関わらず、どう責任取ってくれるんだと、騒ぎ立ててうるさいので、私が、「よく聞いてりゃあ、あんたが悪いんじゃねーか。やかましくて迷惑だよ」と言ったら黙った。お金が無かったので観光もできず、私は、ドイツのミュンヘン行きの夜行列車を十二時間待っており、イライラしていたのである。多分そのおっちゃんは、出張で仕事に来たのに、つまらないポカをやって、仕事にならなかったのだろうなあ、とは思った。

・十年くらい前、学生時代の、とある友人から、「おい、チャンスは一度きりだぞ」と言われ、私も、「そうかも知れないなあ」と応えたのだが、去年ぐらいか、その友人と話していた時に、私が、「お前、昔、チャンスは一度きりだと言っていたけれど、最近、俺は、チャンスが100あったら、99はそうだと思うんだけれど、本当に重要なチャンスである残りの1は何度かやってくる気がして仕方が無いんだ」と話したら、彼は決して否定しなかった。

・才能は、お金では買えない。それはどこから来るのかも解らない。ただ解る事は、努力は裏切らないという事だけだ。

|

« 民話のふるさと | トップページ | プロの歌手 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/55196902

この記事へのトラックバック一覧です: チャンスは一度きりか?:

« 民話のふるさと | トップページ | プロの歌手 »