« サッカーの王様、ペレ | トップページ | 本当に好きなものは好きとは言えないよな・・・ »

『にぎり』と言えば寿司

・昔、友人で熱狂的な巨人ファンの友人がいたので、ニギることにした(時効)・・・その話を大学一年の時の退屈な独語の時間に友人に話した所、「ニギるってどういう意味だ?」と聞かれたので、説明に困り、咄嗟に私は、「ニギる?ニギる・・・にぎると言えば寿司だ」と応え、手で寿司を握る格好をした。そして、その友人に、日本シリーズの話として、「一日目には千円の寿司をにぎり、二日目には、二千円の寿司をにぎり・・・結局四連勝しちまったんだよな」と話し、「結局、四日目には四千円の寿司をにぎることになった。結果、それで壱万円の寿司を美味しく頂いた」という話が済んだ頃には、友人も寿司の握り方を覚えた様だった。それから暫く、考えていたのだが、あることに気が付いた。それは、そういうにぎり方をしていると、四連勝が一番美味しいお寿司をいただけるということだ。いろいろなパターンを考えてみたが、どう考えても、そうなるのである・・・野球に関して言えば、現在では、クライマックスステージなどという、客集めの興行などが行われているが、本来、日本シリーズに出るのは、リーグ戦で一位のチームが出るべきであり、でなければ、シーズンの成績というものが報われない。

・私は寿司を食う際、『カッパ巻き』から入る。カッパ巻きのいわれは、きっと、河童の好物がキューリであるからであろう。数年前、遠野の『河童淵』を旅したが、震災後、(あそこに暮らしている方々を中心に)どうなったのか、心配でたまらない。

・私の母は、私が子供の頃、いくら服を汚しても、決して叱らなかった。

|

« サッカーの王様、ペレ | トップページ | 本当に好きなものは好きとは言えないよな・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/55014992

この記事へのトラックバック一覧です: 『にぎり』と言えば寿司:

« サッカーの王様、ペレ | トップページ | 本当に好きなものは好きとは言えないよな・・・ »