« ロータリーエンジンの悲劇 | トップページ | 結婚式のスピーチ »

行きつけのガソリンスタンドの主任

・最近は、ガソリンがやたら高いので、近所で一番安いスタンドのセルフで入れることにしている。そこの主任の方とも仲良くなったのだが、一ヶ月程行けなかったのは、もちろん、骨折のせいである。主任の方に、熱海のゴルフ場で高台に打ち上げてしまい、そこで足を滑らせて、斜面を15m位転落し、肋骨を二本程折った話をした。当時は大して痛くもなかったので、打撲だと思い、その後もドライバーを振り回して、車で帰って来た旨を告げると、驚いていた。その主任の方は、ゴルフはやったことは無いらしいが、小・中・高と野球をやっていたそうだ。こう書くと、ものすごく失礼だが、私は暴走族のヘッドでもやっていた方だと思っていた(それ位しっかりした方だ)。私の疑念をよそに、きっと私よりも若いであろうその主任は、思いっきり体育会系だったのである。だから、話すときも目をそらさないし、ものすごく礼儀正しい方である。私は、あの青年が気に入っている面もあり、そのガソリンスタンドでお世話になっているのだが、こないだ行った時、「ガソリン安くなりましたよね」と話した所、リッターあたり、先月よりも十円前後安くなったそうだ。車を整備してもらう時も、側で興味深く眺めさせてもらっている。これでも私は機会科出身、興味が湧いて仕方が無いのである。

・そういえば、学生の頃、家庭教師で教えていた男の子が、車が好きで、車のプラモデルを作っていた。彼は、高校進学の際、車好きが高じて、そっちの道を選んでいた。若くして自分の道を決めたのだから大したものだ。

|

« ロータリーエンジンの悲劇 | トップページ | 結婚式のスピーチ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/55047089

この記事へのトラックバック一覧です: 行きつけのガソリンスタンドの主任:

« ロータリーエンジンの悲劇 | トップページ | 結婚式のスピーチ »