« 馬券をのむ奴 | トップページ | ロクでもない野郎 »

意味不明な男

・中三の時、私達の中学の受験監督補佐役と机運び係とを分ける際、希望用紙が配られたが、みんな、補佐役を志望した。学校の顔だからである。しかし、どういう仕組みだからからは解らないが、抽選でもなく、一方的に振り分けられた。私は机運びになったが、納得が行かなかった。決めたのは、いつも、「民主的に考える事が大切です」と言っていた、アメリカかぶれの、テープレコーダーしか廻せない英語教師のつもりの担任だった。私は、そいつが、論理的な話が通じない馬鹿だと認識していたので、文句を言う気にもなれなかった。当然、私はそいつの授業でも眠ることに専念していた。論理的な話が通じない相手に、何を言っても無駄であるし、何を決めるにしても、独裁者の様に振る舞っている奴が、いくら『民主的』となどと言おうが、矛盾しているのである。机運びに廻された連中は、みんな文句を言っていたが、私は黙っていた。その代わりに、そいつの事をナメ切っていたし、授業にも出なくなっていった・・・後に、学校側が、試験監督補佐役に何故、高校生では無く、中学生を使うのかと考えてみたが、私の中の結論では、中学生は、また、ガキだから、カンニングなどを見付けたら、容赦なく試験監督に報告するからだろうな、と思った。それにしてもテープレコーダの教師は、ナメられる要素を、自分の方からバラまいている様なものだな、と思った。

・『DVDプレーヤーぶっ壊れたぞ?』

『しかも、DVDが入ったままだあぁぁ!!』

|

« 馬券をのむ奴 | トップページ | ロクでもない野郎 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54667117

この記事へのトラックバック一覧です: 意味不明な男:

« 馬券をのむ奴 | トップページ | ロクでもない野郎 »