« 現実的に有り得る訳ねえだろ | トップページ | 「不器用ね」 »

カッカとするな

・大学の裏の学生街で、学生時代、麻雀を打ったりしたものだが、その中の一軒で、役満を上がると、記念に小さな色紙を渡してくれ、上がった役を書き、壁に貼り付けるという儀式がある店があった。だから、その雀荘は、壁だけでは無く、天井の一部にまで色紙が貼り付けられていた・・・ある晩、友人とその知り合いとで、徹夜で打っていた時、一晩で、ダブル役満が一回、役満が二回出たことがあった。こんなこと、私もはじめてである。他の卓の麻雀を打っている知らない連中から、「あの卓どうかしているぞ、今日は」などという声が聞こえた。一緒に卓を囲んでいたうちの三人が役満(私は大三元)を上がったという事は、残りの一人が大負けしたという事を意味する。役満を上がった面々は、150円払って、「おばちゃん、ペヤング頂戴」と雀荘のおばさんに作ってもらったペヤングを食べながら、余裕で打っていたのだが、一人負けしていた奴は、ちょっと汚い戦法に出た。四人のうちのダブル役満を上がった奴は、眠たくなったりすると、すぐに頭に血が上る奴だったのである。そいつが得点計算を出来ないのをいいことに、一人負けしている奴が得点をゴマかしだした。私は黙っていたが、途中でダブル役満を上がった奴が気付き、案の定、朝の四時頃、ブチ切れた。口汚く罵っていたが、それは点数計算が出来ない奴が悪いのである。そいつの勝ち分は半分に減った・・・博打の鉄則では、絶対に感情的にならないことである。

・麻雀のコツは、ツキが無いときには、おとなしく辛抱をし、振り込まずにチャンスが来るまで、死んだフリをすることだ。そして、ツキが回ってきたら、たたみかける事につきる。

|

« 現実的に有り得る訳ねえだろ | トップページ | 「不器用ね」 »

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54609273

この記事へのトラックバック一覧です: カッカとするな:

« 現実的に有り得る訳ねえだろ | トップページ | 「不器用ね」 »