« 失敗と挑戦と | トップページ | 怪我とプラモデルと私 »

金と少女とモンスターペアレンツ

・私が勤めていた塾の塾長は、親達に、発したメッセージで、「一流企業に勤めていましたが・・・」と、どうのこうの書いていたが、所詮は、田舎の棚ぼた地主であり、最終的には、金でゴマかしていた。ある時、小学生の女の子に、私は、励ますつもりで、「中一から、できる子が入ってくるからね」とハッパをかけたら、その子が塾を辞めると言いだして、私は、『それくらいの根性がないのなら、とっとと辞めやがれ』という気でいたが、この馬鹿塾長が、そのコンお家に、ケーキを持って謝りに行った挙げ句、私に説教をカマした。私は、その子が辞めた事にショックを受けていたが、よくよく考えてみると、到底、私が悪いとは思えなかった。私の話も聞かず、私が悪いと決めつけて、そのガキの家に、塾長が勝手にワビを入れに行った事が腹立たしかった。「相手はケーキを受け取ったから、また来るでしょう」と、人を金で釣る様な真似をしておいて、私は事情を説明して文句を言った。「これでは、こちらが一方的に悪い様ではないですか!!いい加減、ガキを甘やかすのもいい加減にして下さい」と。それは、私の、塾講師としての誇りが言わせた。しかし、相手は棚ぼた地主の甘ちゃんで、金で何でも解決できると思っている馬鹿である。・・・よく考えてみればモンスターペアレンツだったのだ。そう言う獣に対し、話は通じないし、塾長がケーキを持っていった時点で、こちらの負けなのだ。そんな風に甘やかしているから、馬鹿な親がのさばるのだ。

・人は人によって、伸びる芽を摘む事も出来るが、あんまりにも人のせいにしたり、何かのせいにしなければ、気が済まないというのは間違いだ。つまり、、最終的に人生の責任をかぶるのは本人だからだ。

|

« 失敗と挑戦と | トップページ | 怪我とプラモデルと私 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54799362

この記事へのトラックバック一覧です: 金と少女とモンスターペアレンツ:

« 失敗と挑戦と | トップページ | 怪我とプラモデルと私 »