« コンポ二千円也 | トップページ | ブロック体を書けない人 »

それ、私、まだ読んでませんよ

・私的な話では無いのだが、私が中三の頃は、バブルの真っ最中であった。その頃、週刊少年ジャンプとか、マガジンとか、サンデーとか、もっとマセた奴は、スピリッツとかを学校の中に持ち込んでいた。さすがに、授業中に読む奴こそいなかったものの、休み時間に廻し読みなどしょっちゅうだった。ジャンプが週に900万部以上売れていた時代だったので、私は電車の網棚に捨てられたジャンプを不憫に思い、友人に100円で売ったりしていた。そんな中、教師陣が、休み時間に、「学校にこんなもの持ってきちゃあ駄目だろう」と言って、「放課後、取りに来なさい」という事が、ままあった。しかし、ある時、教師達の秘密がばれてしまった事件が起きてしまった。ある生徒が、放課後、職員室に、取られたマンガを返してもらいに行くと、取り上げた教師は返そうとしたのだが、別のある教師が、「それ、私、まだ読んでません」と言って、返してもらえなかったそうである。生徒の方はブチ切れていたが、要するに、毎週、休み時間に、生徒のマンガ雑誌を取り上げるのは、教師達が読みたいからだという理由が判明した。この事は大きな問題にはならなかったが、学年中で噂になった。生徒から道徳的指導で取り上げておいて、教師が廻し読みするなぞ、矛盾する事、甚だしい。そこから、『尾崎豊』に走る奴まで出てきて来た。『先生、あなたは、かよわき大人の代表なのか?』という風に・・・

・磁石は鉄だけにでは無く、真ちゅうにも引っ付く。

|

« コンポ二千円也 | トップページ | ブロック体を書けない人 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54473508

この記事へのトラックバック一覧です: それ、私、まだ読んでませんよ:

« コンポ二千円也 | トップページ | ブロック体を書けない人 »