« パソコンの無かった頃 | トップページ | 塩のアイスクリーム »

サングラスをかけます

・就職面接を十人ぐらいで受けている夢を見た。皆が就職を希望する中、面談で、一番最初にある奴が、「私を採用して下さい」と抜け駆けしたら、採用が決まった。私は自己PRをしなかったのだが、次の一人は決まらなかった。そこで、皆で本屋に行き、本を選ぶ事となった。好きな本をポンポン選んでいったら、結構な量になってしまった。皆で選んだ本を見比べると、私の選んだ本は、全て帯が同じ色だったのに対して、他の奴の帯の色は、みんなバラバラだった。それを観た面接官が、私に、「君は電子書籍は読まないのかい?2030年頃迄に、紙の本は殆どなくなってしまう見込みだが、どうするかい?」と聞かれ、私は、「電子書籍で読むと眼が疲れて嫌なのですが、その時は、サングラスをかけて読みます」と応えると、皆が黙った。でも、採用が決まった。

・以前、中華料理を食べに行ったら、ツバメの巣とフカヒレの姿煮のどちらを食べようか迷った挙げ句、フカヒレにしたのだが、確かに歯ごたえは良かったのだが、『こんなものか』と思った記憶がある。チンゲン菜の炒め物の方が、よっぽど美味しかった。

・男も女も、いざとなったら本気で抱き合うだろ、だったら、普段から『真剣にやれ』というのが私の信条である。本当の意味でぶつかり合わなければ、意味が無い。ただ、買ったり、拾ったりしてまで、女を抱く気にはなれない。それは、勝負でも何でもないからだ。

|

« パソコンの無かった頃 | トップページ | 塩のアイスクリーム »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54111605

この記事へのトラックバック一覧です: サングラスをかけます:

« パソコンの無かった頃 | トップページ | 塩のアイスクリーム »